必要性が高い仕事

介護

必要なスキルや能力とは

介護の仕事は、今後ますます必要度が高くなる仕事です。超高齢社会が到来することが予想されており、介護の仕事の必要度はどんどん増してくるためです。現在も人は足りておらず、常に求人があります。介護の求人には、資格が必要かと思う人もいるかもしれませんが、実は必ずしもそうではありません。資格があれば求人面接のときや給料面で有利なのは間違いありませんが、なくても仕事はできます。基本的に必要なのは、人間的な能力です。まず重要なのがコミュニケーション能力です。コミュニケーション能力はあらゆる仕事で重要ですが、介護の仕事でもやはり重要です。職員同士の連携をとるためにも重要ですし、利用者との関係からも必要です。レクリエーションなどの必要性もあるので、明るくハキハキとして人が求められています。二つ目が体力です。介護の中でも介助の仕事はかなりの体力仕事です。利用者の体を支えて入浴介助や排泄介助などを行うのはかなりの力がいります。とはいえ、極端に虚弱体質なわけでないならばたいていの人は対応できるでしょう。三つ目が謙虚で相手を尊重する姿勢です。資格なしで求人に応募する場合はもちろん、資格を持っている場合でも謙虚さを忘れてはいけません。その施設ごとにルールがあり、きちんと先輩職員の話を聞いて頭に入れていくという学ぶ姿勢が大切です。また、利用者に対しても、人生の大先輩であるという敬意と感謝を示しながら対応しなければなりません。

主婦

家庭との両立を考える

主婦の場合、仕事をするとなれば、まず、パート勤務からがお勧めです。正社員登用のある職場なら、徐々に時給もアップし、正社員になることもできます。もちろん、家庭との両立ができるような職場を選ぶことが前提です。